福岡県有明海区
【ニ枚貝を増やして珪藻プランクトンの脅威を解消】
〜 ノリ不作対策 〜

  平成12年度のノリ生産は、大不作に見舞われた。これはいわゆる「赤軌の発生(珪藻赤潮)によって、ノリの生長に必要な海水中の窒素や燐などの栄養塩が激減したために起こった「色落ち」によるものである。また、近年、タイラギなどの二枚貝資源も激減し、深刻化している。
  ノリの生産は「水」だけで説明ができるが、二枚貝については「海底の泥」や「干潟」とも密接に関係してくる。様々な要因が絡んで起こっていると考えられ、私たちは平成13年度に様々な対策を模索し、その中で可能なものについて行った。