島根県JFしまね恵曇支所女性部むつみ会
  【えとも女性部魚食普及チャレンジ普及活動】
 〜時を経ても受け継がれる「かんかん部隊」の心〜


  この地域では、昔から「かんかん部隊」と呼ばれる女性達が、松江の中心部まで魚を売り歩いていました。恵曇支所女性部は、この行商人が中心となり昭和52年に結成されました。
  平成元年には加工場ができ、製品は、直販所や市場のほかに、学校や老人ホームに納めようにもなり、好評でたくさんの注文を受けるようになりました。
  しかし、これらの要望に応えていく内に、日々の作業に追われるようになり、また、100人を超える部員の1人という甘えもあり、自分から新たに何かに取り組むという意識が薄れていました。
  このままでは今以上は望めない。もっと多くの人に製品を手にしてもらいたい、魚の食べ方を知ってもらいたいという思いは日増しに強くなっていました。