手県釜石漁協女性部
【漁村集落と女性部の役割】
〜地産地消に取り組んで〜

   現在、漁家の悩みとして最も注目されている事は、水産資源と漁獲量の減少、輸入水産物の増加、加えて魚食離れによる消費の低迷であり、水産物の消費拡大につなげるために、私たち女性部は魚食普及活動に力を入れて取り組んでいる。
 三陸のきれいな海で採れた「安全で安心」な水産物を活用して、「郷土料理の味・手法」を、地元の人に知ってもらい定着させたいと考えている。
 活動としては私たち女性部のほか、同じように山や海で活動する釜石管内の女性グループと共同で取組み、山や浜で伝えられてきた「郷土料理」を見直しながら、「地産地消」を進めている。
 また、浜の朝市やグリーンツーリズムにおいて、地元の水産物の提供といった活動も行なっている。