愛媛県渦浦漁協女性部
 【しまなみグリーン・ツーリズムによる交流活動】
    〜地引網体験受け入れに取り組んで〜


  渦浦漁協は、しまなみ海道の今治から最初の島、大島にあり、多種多様な漁業が行われていますが、漁業者の高齢化や後継者不足など多くの問題を抱え、厳しい状況が続いています。
  そのような状況の中、昭和61年に町おこしの会で、地域の活性化を図る為に昔の漁業を再現した地引網をやろうという声が上がり、また、獲れた魚を使った昼食の提供併せて行おうということになりました。
  また、ちょうどその頃、しまなみ地域で農業関係者の人達で始まった都市住民との体験交流活動「しまなみグリーン・ツーリズム」を農林漁業者が連携して取り組もうという話があり、この「地引網体験」も体験交流の1つのメニューとして取り上げてもらい、一緒に活動していく事になりました。